fbpx

ブログ

なぜ「女性の起業支援」が必要なのか。

いのち☆きらめきフェスタ』にて「自分らしく生きる!起業のはじめの一歩」というタイトルで講演させて頂きました。

私自身、個人事業主として2007年に「働く女性のサポート・オフィスアイ」を独立開業しました。当時病院でパートで働いていた私は「女性が生き生きと輝くためのお手伝いがしたい」と思い、創業塾に通い始め事業計画書の作り方などを学びました。

看護師、心理カウンセラー、アロマコーディネーターの資格を持っていた私の事業内容は自分のこれまで経験してきたDV被害における離婚裁判、うつ病からの脱出、子供の不登校、職場の人間関係、貧困の問題などを解決してきたノウハウを活かしてカウセリング、研修、講座開催、イベント企画運営などを行いました。

起業していく上で名刺はどのようにしてつくるのか、チラシはどうつくればいいか、ブログの書き方、開業届けはどうするのかなど何も知らない状態で、知り合いに聞きながら進めてきました。当時このような細かなことまで教えてくれる場所はありませんでした。

同じように個人で何かしたいけれど、何からしたらいいのかわからない、という女性に多く出会い、「女性の起業応援プロジェクト」を立ち上げ名刺やチラシの作り方からプロフィール写真撮影会、初めての方の確定申告セミナー、事業計画書の作り方などのセミナーを開催しました。

家事と育児の合間に時間をつくり、そして自分の経験してきたことや知識、技術を活かして仕事を自らつくり起業することは新たな収入源の確保という点において選択肢のひとつになってくると思います。その起業に関して身近に相談できる場所をつくることや育児、介護している女性にとっては自宅で情報収集できる仕組みが必要です。

女性の起業家が増加している今、個人で起業しようとする女性の支援は今後さらに必要になってきます。そのためにも個人事業主に向けた起業コーディネーターや情報提供システムの構築を愛媛県でも進めていけるようにしたいと思います。

PAGE TOP