fbpx

ブログ

なぜ、地球温暖化防止に取り組むのか?

「地球温暖化」は産業革命以降、石油、石炭などの化石燃料の使用が増え、その結果大気中の二酸化炭素の濃度が増加し「温室効果ガスの放出」によって様々な悪影響をもたらすようになったことから問題視されてきました。

では地球温暖化が進むとどのようになるのでしょうか?

1 海面が上昇する(国土が消失する)

2 暮らしにのための水がなくなる(干ばつにより)

3 洪水がおきる

4 災害が増える

5 野生動物が絶滅する

6 生態系が変化する

7 森林火災が増える

8 農業に悪影響

9 病気や飢餓が増える

10 異常気象(高温、豪雨など)が起きる

 

昨年の日本各地での災害でもあったように生命の危機ともいえるこの現象がいよいよ私達の生活に深刻な警告を鳴らす事態となりました。

NASAは2017年の世界の平均気温が観測史上2番めの高さだったことを発表しました。2016年の二酸化炭素の世界平均濃度は過去最高。地球温暖化は悪化する一方です。それに伴い、環境被害だけではなく経済的にも被害が大きくなっています。

 

地球温暖化により気象災害で損失した額は世界で3200億ドル(約34兆円)

 

愛媛県でも西日本豪雨災害が起き甚大な被害に見舞われました。経済損失も広がっています。愛媛県の被害額は中小企業被害で494億円、(工業関連229億円、商業関連264億円)農水産では432億8千万円でした。

 

産業の発展の目的により地球温暖化となり、大規模災害が起き、結果的に経済が低迷する。これでは本末転倒です。悪循環のサイクルをどこかで断ち切る必要があります。長年積み重なって起きた自然現象をすぐに直すことはできませんが食い止めることはできます。まずは一人ひとりの意識改革から始めていく必要があるでしょう。

 

愛媛県での対策としてはとくに「エネルギー開発」を最重要課題として取り組んでいきたいと思います。そのためにも次世代に向けた再生可能エネルギーを推めていきたいと思います。「バイオマス発電」「小水力発電」「地熱利用」など愛媛の自然を活用したあらゆる再生可能エネルギーを組み合わせ、経済発展をもたらすエネルギー政策へと広げて行きたいと思います。

 

一人ひとりができることとして

1 車ではなく、公共機関や徒歩、自転車に変えてみる

2 ゴミを減らす(ペットボトルではなく水筒を使う、レジ袋を使わないなど)

3 冷暖房を少し控える

4 省エネ製品を心がけて購入

2016年から電力の自由化により、電力会社も選べるようになりました。これも地球温暖化防止への一歩となります。

「地球温暖化防止」は大きな課題過ぎて身近に思えないことも多いですが、地球に住んでいることを「感謝」しながら日々の生活を送れるように意識をしていきたいですね。

PAGE TOP