fbpx

ブログ

なぜ、看取り対策が必要なのか?【地域包括ケアシステムの充実のために】

私は愛媛県で「人生の終わりを住み慣れた場所で、生き生きと暮らし続けることができる社会」をつくりたいと思っています。

 

今は死を迎える場所は病院か施設がほとんどであり、個室の部屋で孤独に亡くなったという方も多くいます。家族ですら最後を看取ることができない方も多くいます。

 

しかしながら住み慣れた場所で家族や親しい方に囲まれて安らかに死んでいくことができることが「人間にとって何より幸せなことではないか」と思っています。

 

それはなぜかといいますと私の父が亡くなる時、病院ではありましたが最後は家族全員で看取ることができ、父はその瞬間とても幸せそうで残された私たちも家族全員で見送ってあげることができた幸福感を持つことができ、その後の生活の中でも自分の生きる力になっていると感じたからです。

 

人生の終わりを誰かに見守られるということは自分にとってだけではなく、残された家族、近所の方、友人にも大きな影響を与えることができます。

 

また私はこれまで介護の現場で働き、とくに訪問入浴サービスといって寝たきりの方のお宅に伺いお風呂を入れて差し上げるという仕事をしていました。家で最期を迎える方がほとんどで、ご自宅で穏やかに過ごし最後はご家族で看取ることができたということをよく聞いております。

 

京都府では「看取り対策」が進められ、地域包括ケアシステムの中で在宅介護と施設の両面から「看取り」のための支援として人材教育を実施したり、制度の縦割りを見直し、在宅介護の情報ネットワークをつくり、暮らしのサポートコーディネーターの配置など京都全体で取り組みを行っています。愛媛県でも同様に地域包括支援センターの充実を図り、「看取り対策」を行っていきたいと考えています。

 

愛媛県民の方に人生の終わりを安心して迎えることができるということを実感して頂き、「孤独死」を減らしてまいります。そしてその取組みの先駆けとなって進めていきたいと思います。

 

PAGE TOP