fbpx

ブログ

なぜ「のぼりに名前を書いていないのか?」

街頭活動を行っている時によく「のぼりに名前を書かないのですか?」「名前の書いたプラカードを持たないのですか?」と聞かれることがあります。

それは公職選挙法で名前が書いてあるのぼりやプラカードなどは使用することができないと決められているからです。

公職選挙法で禁止となっている公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む)の政治活動の一環として、街頭や駅前などで行われる街頭演説やあいさつ行為において、

これらの公職の候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項が表示された、のぼり、旗、プラカード、たすき、腕章を掲示(使用)することはできません。 これに違反した場合には、罰則規定(公職選挙法第243条)もあります。

「キャッチフレーズ」を書いたのぼりは使用できるということで今の「がんばる女性にエールを!」というキャッチフレーズを載せて街頭活動を行っています。

これは日々、仕事や家事、育児、介護などで職場や家庭の中でがんばっている女性、NPOやボランティアなど社会活動を行っている女性、自分の夢に向けて行動している方や、自分の生き方を模索しながら向き合っている女性をぜひ応援したい!という思いを込めてこのキャッチフレーズを使っています。

私自身も日々の活動の中で「がんばってください」と言っていただき励みになっています。自分が行動していることを認めてもらったり、なぜそのようなことをしているのか理解してもらったり、その活動に向けて支援をしてくださることへの有難さを経験しています。また活動をしていく中での課題も実感しております。

その経験を生かしてこれからも「女性が活き活き輝いて生きていける社会」を目指して活動をしていきたいと思います。

PAGE TOP