fbpx

ブログ

「働き方改革」の成果とは?

『働き方改革』という言葉は連日テレビや新聞で見聞きしていますが、働いている人のどのくらいの人がその成果を実感しているのでしょうか。

残業削減といいながら定時に退社を促され居場所がなく、別の場所で結局仕事をしかえって遅い時間まで働いていたり、休みを取るよう言われても他の日にしわ寄せが来て結局のことろ疲れが出てしまう、という声も上がってきています。

「働き方改革」の成果は「残業が削減する」「有給休暇が取得できる」ということが目的ではなく、働く人たちが「働くことに喜びを感じ、生き生きと人生を歩むことができるようになる」「家族や仲間と過ごす時間が持てるようになりより充実した生活が送れるようになる」という実感が持てるようになることが成果となって表れてこなければ真の改革とはいえません。

企業の評価は「残業時間の削減」「有給休暇の取得率」「育児、介護休業者の数」などで判断することなく、あくまでも『労働者の満足度』によって評価していく必要があります。

「労働者の満足度が高い」とは給与、待遇、人間関係、福利厚生などの面からも評価されますが「自分が会社に必要とされている」「自分の存在を認めてもらえている」という実感を持てることも重要な要素といえます。

愛媛県内の取り組みの中で、今後は働いている従業員の満足度が高い企業が高く評価されるような仕組みづくりを行っていき、結果的に生産性の向上や離職率が下がる結果に結びつけるよう行政がバックアップしていきたいと思います。

人口減少問題はわが愛媛県でも深刻な課題となってきます。働く環境を整えていき「働く喜びを実感できる社会」をつくっていきたいと思います。

PAGE TOP