fbpx

ブログ

農山漁村の女性の起業支援

農業における女性の個人経営者は中四国内では鳥取県19件、島根県11件、岡山県2件、広島県12件、山口県61件、香川県63件、高知県7件、その中で愛媛県は232件と群を抜いて多い状況です。

 

愛媛県の農業において地域の産物の加工、販売を個人経営している女性が支えていることが実態としてわかります。農林水産省の調査によると農業で個人経営をしている女性は年齢では60~65歳の割合が多く後継者の育成が今後課題となり、女性の個人経営で課題となっている主な項目は人手の確保、資金の確保、相談窓口の設置となっています。

 

現在愛媛県では「農山漁村女性ビジョン」が計画、実施されており、課題を解決していくため人手の確保のための情報発信、マッチング、経済支援、相談窓口の設置など支援が必要です。愛媛県の農林水産業の発展のため、今後も引き続き農山漁村における女性起業を支援していきます。

PAGE TOP