ブログ

AIと共に生きる社会

これから15年先、仕事の49%がなくなる…というAI論に私たちは先が読めない不安に惑わされがちです。

 

しかしながら、AIのもつ機能をよく知ると、これから先どのような社会になりでは、今何をすべきかがわかってきます。

 

AIではこれまで知識を深め資格を取って仕事をする税理士や行政書士などのような仕事や事務的な仕事は代わってできるようになります。人間でなければできないようなホスピタリティを求められるもの、その場に応じて対応していく仕事や営業などの仕事はやはりこれからも必要になります。

 

一番大切なのは自分はこれからどのような人生を歩みたいか、もしくはどのようなライフスタイルを送りたいのか。という考え方が重要になってきます。

 

AIと共に生きる社会とは、正直に自分と向き合い、そして面倒なことから逃げるのではなく最後までやり遂げながらまっすぐに歩んでいくこと本来の自分らしさ(趣味や好きなこと)を大切にしていくこと。

未来に向けて、ぜひ、希望をもって生きていきたいですね。

PAGE TOP