メッセージ

私が政治家を目指すことになったのは15年前にひとり親となり故郷愛媛に戻った際、経済的貧困、子どもの教育など多くの問題を抱えて相談する場所がなく「愛媛にないのなら自分でつくろう」と働く女性のサポートオフィスを立ち上げたことがきっかけでした。
就労、教育、家族との関わり、起業など女性が抱えるあらゆる課題に取り組んできましたが今だ解決されていない現状を目の当たりにし、政治の場において「女性の視点」の必要性を強く感じ政治家を志すことを決意しました。
私自身が現場を経験してきた「女性支援」「医療福祉」「環境保護」の3つのテーマで愛媛県政に向けて政策提案していきます。

PAGE TOP